Vol.71 / 五月病






踏み出すたびに
虚ろになっていく
こんなにも和らいだ陽に
溢れているというのに
next